山添潤彫刻展

山添潤彫刻展


川越市立美術館のタッチアートコーナーにて
9月27日(水)から12月24日(日)まで
山添潤彫刻展が開催中です。


今回の展示会では、彫刻家・山添潤(1971- )による御影石や大理石の立体作品を紹介します。

山添の仕事は、作品の形を浸食するかのように、
石の表面全体に鏨で幾重にも跡を刻み付けていくところに特徴があります。
その地道な作業を続けることで、石がだんだんとおぼろげになるとともに物質感を失い、
代わりに「躯」を獲得する瞬間を、山添は捉えようとしているのです。

このたびは、新作を含めた約15点に加え、
石彫制作の作業を鉛筆に置き換えたドローイングを展示します。
作家のご厚意で触っていただける作品もありますので、
石の持つ表情を見て触れてお楽しみいただければ幸いです。

「山添潤彫刻展」 関連事業


◆ワークショップ「巨石を割ってしまおう」
約2トンの白御影石を、参加者が協力しあって割ります。

【講 師】山添 潤 氏
【日 程】12月3日(日) 10時~13時
【対象・定員】成人6名(先着)
【費 用】無料
【申 込】11月1日(水)午前9時から、川越市立美術館へ電話・FAXでお申し込みください。
     TEL:049-228-8080 FAX:049-228-7870


「山添潤彫刻」 詳細


■会 場:川越市立美術館
     タッチアートコーナー・エントランスホール・屋外スペース
■開 館:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日:毎週月曜日
■観覧料:無料
■出品点数:立体作品16点、ドローイング5点(予定)
■交通案内:
 川越駅(東武東上線・地下鉄有楽町線・地下鉄副都心線・JR川越線)、
 または本川越駅(西武新宿線)より
 ●東武バス「蔵のまち経由」乗車 札の辻バス停 下車徒歩10分
 ●東武バス「小江戸各所めぐり」乗車 博物館バス停 下車すぐ
 ●イーグルバス「小江戸巡回バス」乗車 博物館・美術館前 下車すぐ
■TEL:049-222-5399 FAX:049-222-5396

古き良き小江戸川越の街並みを探索してみませんか?

この記事に寄せられているコメント

この記事に寄せられているコメントはありません。

コメントを投稿する