生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡―大地への挑戦―

生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡―大地への挑戦― ポスター

川越市立博物館にて2018年12月1日(土)から2019年3月24日(日)まで
生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡―大地への挑戦―が開催されます。

川越市名誉市民であり、北海道の自然を描き続けた画家・相原求一朗(1918-99)。
2018年は生誕100年に当たり、また2019年は没後20年に当たります。

天地静寂

同展では、初期から絶筆までの代表作約100点に、愛すべき小品やデッサンを加えながら、
相原の画業を回顧します。
多くの方に相原芸術の魅力を知っていただけましたら幸いです。

第1部(2018年12月1日〜2019年1月27日)は初期から1970年代までの作品と「北の十名山」、
第2部(2019年1月31日〜3月24日)は1980年代から晩年までの作品をご紹介します。
ぜひ、お越しください。

「生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡―大地への挑戦―」 開催事業


※川越市立博物館(Tel:049-222-5399)までお問い合わせください。

講演会「相原求一朗と戦後日本の油彩画の動向」
日時:2019年1月13日(日) 午後2時から(1時間半程度)
講師:土方明司氏(平塚市美術館館長代理)
会場:アートホール
費用:無料
定員:60名(先着)
申込:2018年12月4日(火)午前9時から、電話またはFAXにて川越市立博物館まで

インタビュー「素顔の相原求一朗に迫る」
日時:2019年2月9日(土) 午後2時から(1時間程度)
話し手:石黒誠氏(相原求一朗秘書)
聞き手:当館学芸員
会場:アートホール
費用:無料
定員:60名(先着)
申込:2019年1月4日(金)午前9時から、電話またはFAXにて川越市立博物館まで

担当学芸員による展示解説
日時:各日とも午後2時から(40分程度)
【2018年】(1)12月5日(火)、(2)12月15日(土)
【2019年】(3)1月20日(日)、(4)2月5日(火)、(5)2月23日(土)、(6)3月17日(日)
※(2)、(6)は手話通訳付き
会場:企画展示室
費用:無料(要当日観覧券)
申込:不要(直接会場へお越しください)


「生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡―大地への挑戦―」 詳細


■会 場:川越市立博物館
■開 館:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日:月曜日(2018年12月24日、2019年1月14日、2月11日を除く)
     2018年12月18日、19日、25日、29日、30日、31日
     2019年1月1日、2日、3日、15日、2月12日
■観覧料:
一般600円(480円)、大学生・高校生300円(240円)、中学生以下無料
 ※( )内は20名以上の団体料金
第1部・第2部セット券→大人960円、大学生・高校生480円
 ※第1部・第2部セット券は市内施設共通券との併用はできません

▪️身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご持参の方、
 及びその介護者1名は無料
▪️着物の日にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金
▪️12月1日(市民の日)、12月2日(12月第一日曜日)は無料観覧日

■交 通:
 川越駅(東武東上線・地下鉄有楽町線・地下鉄副都心線・JR川越線)、
 または本川越駅(西武新宿線)より
 ●東武バス「蔵のまち経由」乗車 札の辻バス停下車徒歩10分
 ●東武バス「小江戸各所めぐり」乗車 博物館バス停下車すぐ
 ●イーグルバス「小江戸巡回バス」乗車 博物館・美術館前下車すぐ
■TEL:049-222-5399 FAX:049-222-5396


古き良き小江戸川越の街並みを探索してみませんか?

この記事に寄せられているコメント

この記事に寄せられているコメントはありません。

コメントを投稿する